abroad

大学のオンライン留学【実体験】7つのデメリット

こんにちは🤚🏼
言語学習好きのまおです!

今回は、ぼくが経験したオンライン留学をまとめたいと思います。

  • 「オンライン留学って実際どんな感じ?」
  • 「正直、オンライン留学って現地に行けないから意味ない?」
  • 「オンライン留学ってそもそもどうやるの?」

これからオンライン留学する人は、このような疑問を持っているのかなと思っています。
そこで少しでも参考になればと思い、ぼくが経験したオンライン留学をデメリットとともにまとめました!

ぼくの留学

2020年2月~12月の約10ヶ月、アルゼンチンに留学をしました。

留学目的は、スペイン語を話せるようになることと卒論(スペイン語圏の方言について)の現地調査です。

そのうち、2月22日~4月7日までを現地で過ごしました。

しかし、コロナウィルス感染者増加の影響を受け、早期帰国することなりました。

帰国してから全てオンラインに変わり、人生初のオンライン留学が始まりました。

2月〜4月:現地
4月〜12月:オンライン

デメリット 1. 現地の文化・雰囲気を肌で感じられない。

オンライン留学一番のデメリットはこれです!

言うまでもないですが現地に行けないので、その国を「肌で感じること」ができません。

「肌で感じること」ができないということは…

・現地の生活を感じることができない

・現地の食文化を味合うことができない

・現地のスーパーにいけない

・現地でしか見つけることのできない発見ができない

など、以上のことができないということです。

留学先の国を「肌で感じること」は留学の醍醐味であるので、

それができないのは辛いです。

デメリット 2. 現地の友達を作るのが難しい。

オンライン上で友達を作るハードルは数年前に比べ減りました。

しかし、オンライン留学で現地の友達を作るのは、難しいです。

ぼくの場合、履修いていた3つの授業それぞれが以下のような形式でした。

  • グループワーク形式
  • 会話重視
  • 講義形式

グループワークと会話重視の授業は、授業でグループワークやペアワークをすることが多かったため、

比較的オンラインでも友達ができやすかったです。

しかし、講義形式の授業ではZoomで顔は見えるものの、クラスメート間で話すことがなかったため、

全然友達ができませんでした。

そんな中、今でも連絡を取り合っている友達ができたのでよかったです。

デメリット 3. 言語の習得のハードルが上がる。

言語習得が目的で留学をする人も多いと思います。

ぼくのそのうちの一人です。

オンライン留学だと、

授業の時しか現地の言語を話す機会がないです。

もちろん、一人の時間に復習・予習・練習することはできますが。

現地行けば、24時間現地の言語に触れられることができます。

その言語を離さないと行けない環境にずっと入れます。

しかし、オンライン留学だとそれが難しいです。

デメリット 4. 時差があり、授業を取りづらい。

これは国によって異なりますが、時差はかなり大きな弊害です。

まだ時差ぼけで数週間、気持ち悪くなる方がいいです。笑

日本と留学先のアルゼンチン間の時差は12時間でした。

日本がお昼の時、アルゼンチンが夜みたいな感じです。

ぼくはラッキーな方で、

履修していた3つの授業のうち、2つがオンデマンドでした。

残りの1つはZoomでしたが、

日本の時間帯で20時〜22時に行われました。

(現地は朝の8時〜10時です💤)

しかし!

オンデマンドで行われていた授業の

中間・期末試験の時間がまさかの

日本時間で夜中の2時〜4時くらいでした。。

眠くて全然集中できませんでした。

授業履修時に試験の時間も確認しておいた方がいいですね。

デメリット 5. 課題がどうしても多くなってしまう?

これはオンライン授業を受けている人なら共感してもらえるかもしれないですが、

出席をとるために課題を出されます。

そのため、全部の授業で毎回課題が出されました。

オンデマンド・Zoom関係なくです。

所属する学部にもよると思いますが、

ぼくの1回の課題量は半端なく多かったです!笑

1回の課題で、

文学作品を一つ読んだり、

映画を1作品見たり、

かなり時間がかかる課題が多かったです。

デメリット 6. Zoomの授業は質問がしづらい。

特に講義形式の授業 × Zoomだと、

基本的に聞く専門にならないといけないため、

かなり疲れます。

また、対面と違い

留学生として授業に参加しているという

先生方の配慮も受けづらい状態になります。

ぼくは先生にメールの方で、

しっかり自分が留学生だということを報告するようにしました。

デメリット 7. 現地調査ができない。

これはぼくが現地でスペイン語の方言の調査をしたいと思っていたので、リストに加えました。

卒業論文でスペイン語の方言について書きたいと思い、

そのための現地調査も含めて、

今回留学をすることにしました。

しかし、やはりオンライン留学だと、現地調査は全然できません。

終わりに

オンライン留学には、メリットもありますが、

デメリットの方が多いと感じています。

特にその国を肌で感じられないのはすごく辛いです。

今回の経験から、ぼくはオンライン留学をおすすめしません。

特に言語習得を目的として留学をしたい人は、絶対に現地に行くべきです。

これからオンライン留学をする人の参考になれば嬉しいです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA